身体のなかの脂肪の占めている%のこと

もし婦人科の血液検査で恐れていた通り女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りず早発閉経(早期閉経)だと判明した場合は、少ない女性ホルモンを足してあげる処置で改善できます。

杉花粉症などの症状(鼻水、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜間よく睡眠を取れないと、それが主因で慢性の睡眠不足となり、翌日目覚めてからの業務内容に悪いダメージを及ぼすことがあります。

骨を折ったことによりひどく出血してしまった場合、急激に血圧が下がって、眩暈や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状が現れることもよくあります。

折り目正しい暮らしの維持、暴飲暴食しないこと、適切なスポーツ等、アナログともいえる自分の体への留意が老化防止にも関わっているということです。

「いつも時間がない」「手間のかかる様々な人間関係が嫌で仕方がない」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスを感じてしまう場面は人によって違います。

不整脈の期外収縮は、健康な人にも出ることがあるので深刻な健康障害ではないにしても、発作が幾度も次から次へとみられるケースは危険なのです。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特徴があるので大気中に存在しているオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を破損させたりして、肌に悪影響を与えることになります。

ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失われた後に売られ、新薬とまったく同じ成分で経済的な負荷の小さい(薬代の高くない)後発医薬品のことを指します。

現在、若年層で結核(けっかく)に対抗するだけの免疫(抵抗力)の無い人々の割合が高くなっていることや、受診の遅れが主因の集団感染や院内感染が増加傾向にあります。

肝臓を元気な状態に保ち続けるためには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにすること、分かりやすく言えば、肝臓を老化させない対処法をできるだけ早く実行することが重要だと言われています。

痩身目的で1日の総カロリーを抑制する、食べる量を落とす、こうした生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、慢性的な冷え性を招くことは、盛んに問題視されていることなのです。

汗疱状湿疹(汗疱)とは主に掌や足裏、指と指の間などに小さめの水疱ができる皮膚病で、基本的にはあせもと言い、足の裏に現れると水虫と間違われることが多くあります。

下が90以上の高血圧が長い間続くと、血管に重い負担がかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先まであちらこちらの血管にトラブルが起こって、合併症を招く度合いが拡大するのです。

いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的には股部白癬(こぶはくせん)と言い、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、尻などに何らかの理由でうつり、定着してしまった感染症であり俗に言う水虫です。

演奏会の場内やダンスするための広場などに設置された非常に大きなスピーカーの隣で大音量を浴び続けて耳が遠くなってしまうことを「急性音響性難聴」と称しています。

3種類のアミノ酸からできているグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を不十分にしたり変異を誘引するような人体に害のある物質を体の内部で解毒し、肝臓の役割を促進する特徴が分かっています。

万が一血液検査でやはり卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(そうはつへいけい・POF)と分かったら、足りていない分の女性ホルモンを補う処置で緩和が期待できます。

くも膜下出血とは9割近くが「脳動脈瘤」という血管にできた不要なコブが破れる事が原因となって引き起こされてしまう命にかかわる深刻な病気として知られるようになりました。

自転車の転倒事故や高い所からの落下など、著しく大きな外力が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する複雑骨折となったり、重症の時は内臓破裂してしまうこともあり得ます。

体脂肪量(somatic fat volume)に変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が上がることがわかっています。

ビタミンB6には、あのアミノ酸をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーを活用するのに必要となる回路に取り込むために再び細分化させるのを促すという働きもあるのです。

予防接種の不活化ポリオワクチンは、長年採用されてきた生ワクチンに変わり、2012年9月1日より任意接種ではなく定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射してもらう個別接種のスタイルになりますのでご注意ください。

陰金田虫(インキンタムシ)は20代~30代の男性に多く確認されており、大抵は股間の辺りだけに拡大し、激しい運動をしたり、お風呂に入った後など体が熱くなると激しいかゆみを招きます。

汗疱とは手のひらや足裏、又は指の間などに細かな水疱がみられる病状で、通常はあせもと言われており、足の裏に出てくると水虫と混同される場合が結構あります。

肝臓をきれいに維持するには、肝臓の有害物質を分解する作用が低下しないようにすること、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対策を地道におこなうことが有効です。

物を食べるという行動は、次に食べようと思った物をなんとなく口へ入れて数十回咀嚼して飲み下して終わりだが、それから体は実に健気に働き続けて食物を体に取り込むように励んでいるのだ。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、身体のなかの脂肪の占めている%のことであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、キロ)×100」という式で把握できます。

下腹の激しい痛みを訴える人の多い病には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などが真っ先に聞かれるようです。

吐血と喀血、両方とも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺に続く気道(呼吸器の一種)から出血する症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上部にある消化管から出血する病状を示しています。

日本人にも多く見られるようになった逆流性食道炎は、数日ちゃんと薬を飲めば、大抵、90%近くの人の自覚症状は無くなりますが、そうは言っても食道粘膜の傷みや炎症が癒えたとは断定できないのです。

こちらもどうぞ>>>>>らでぃっしゅぼーやに宗教が必要だった